もし、栄養が豊富で美容効果も認められ、
ダイエットにも適した食品があると聞いたらどうですか?
 
僕たち夫婦が海外に滞在してる間、
毎日食べてた朝食があります。
 
それが、『ミューズリー』です。
 
実は日本にいる時からたまに食べてはいたのですが、
ミューズリーではなく、「フルグラ」を良く食べていたんですね。
 
手頃で買いやすいし、
健康そうだからという理由で食べていたのですが、
栄養面で見た時にいくつか疑問があったのが正直なところ。
 
そんな時に出会ったのが、「ミューズリー」というもの。
 
見た目は「鳥の餌!?」というぐらい、
あまり良いとは言えませんが、
すごく栄養豊富で、ダイエット効果の高さも認められています。
 
そんなミューズリーをあまり知らない方の為に、
その効果や栄養成分、そしてオススメの食べ方まで紹介します。
 
 

ミューズリーとグラノーラは何が違うの?

 

<ミューズリーとは?>
ミューズリーとは、ロールドオーツ(燕麦の押麦)などの、
未調理の加工穀物とドライフルーツ、ナッツ、種子類などを
混ぜ合わせたシリアル食品の一種である。
主に牛乳やヨーグルトなどをかけてふやかして食べる。
市販のミューズリーには砂糖や蜂蜜で調味されているものもある。
好みの配合を自作することもできる。
発祥地であるスイスでは、元来軽い夕食として食べることが多かった。

Wikipediaより引用

 

<グラノーラとは?>
グラノーラ(Granola)は、シリアル食品の一種。
ロールドオーツ(燕麦の押麦)や、麦、玄米、とうもろこしなどを主とした穀物加工品と、
ココナッツ、ナッツなどを、砂糖、蜂蜜、メープルなどのシロップ(糖蜜)、
植物油とで混ぜてオーブンで焼いたもの。
さらにドライフルーツなどが混ぜられることも多い。
オーブンで焼く途中に何度かかき混ぜる、
もしくは焼き上げた後に破砕することで適当な塊状とする。
加熱処理の有無がミューズリーとの違いといえる。

Wikipediaより引用

 
日本ではあまり馴染みがないミューズリーですが、
アルプス地方では朝食に最適なものとして親しまれています。
 
じゃあ簡単に言うと、
「グラノーラ」と「ミューズリー」は何が違うの?と思いますよね。
 
この2つの大きな違いは、穀物の加工の仕方にあります。
 
簡単に説明すると、

グラノーラ・・・加工調理済(加熱) [グルテン有り]
                                          味付けされている(糖類)
ミューズリー・・・非加熱(そのまま) [グルテン無し]

このような違いになります。
 
特に注目すべき点は、ミューズリーの場合、
脱穀処理をしていないので、
太る原因や病気の原因となるグルテンが含まれていません。
 
グラノーラにも同じように穀物が入っていますが、
脱穀処理した穀物に熱を加えてあることで、
グルテンが含まれているだけでなく、
更に糖質(砂糖類)が添加してあり、決して健康食とは言えないのです。
 
このように実は似てる両者ですが、
栄養的にも健康的にもミューズリーの方が勝ります。
 
なので一部の健康意識の高い人であれば、グラノーラよりも、
ミューズリーを選ぶ人の方が多いのです。
 
次の項目では、ミューズリーのことを更に詳しく、
食べるメリットについて解説していきます。
 
 

ミューズリーを食べるメリットとは?

 

 
ではそんなミューズリーの何が良いのか?
栄養素の説明を含めてメリットを見ていきましょう。
 

<現代人に必要な豊富なミネラル>
むくみ予防に役立つカリウムや、貧血防止に繋がる鉄分、
骨粗鬆症予防に効果的なカルシウムなどのミネラル類が豊富に含まれています。
食の困らない現代でありながら懸念されるミネラル不足な現代人にとって、
ミネラルをしっかり補給できることは、
他の食材では補えない貴重な存在だと思います。
↓↓参考記事↓↓
[深刻] 世界トップの食の宝庫日本、でも世界一「深刻なミネラル不足」である日本人。

 

<美容効果の高い豊富なビタミン>
ビタミン類は私たちが食べた食べ物の栄養素の代謝をサポートし、
エネルギー消費がより効率的に行われるようになります。
代謝を円滑にすることで、体の発育や成長、
健康の維持に欠かせない栄養素と言えます。
そんな必須栄養素をミューズリーは多く含み、
高い美容効果も期待できます。

 

<腸内環境に役立つ食物繊維>
豊富な食物繊維を含んでいて、
水分を含むと膨れる性質があることから満腹感を得やすくなるほか、
腸内環境の改善にも役立ちます。
これにより、体に有害な老廃物の排出が促されるので便秘改善、
肌トラブル解消、免疫力アップなど色々な代謝アップに役立ち、
健康の基礎を作る効果を期待できると言われています。

 
普段の食事ではなかなか摂れないミネラルやビタミンB、
カルシウムも豊富に含まれているので、
アンチエイジング効果も高く、
ヘルシーながらもしっかり栄養素も補給できる点が大きな魅力。
 
そして女性にとっての一番のメリットが、
ダイエット効果が期待できること。
 
ミューズリーにも含まれるオートミールの食物繊維量は、
なんと白米の約20倍玄米と比べても3.5倍と言われています。
 
ダイエットには摂取量を調節することも大事ですが、
排出の仕方もすごく大事な要素。
 
嫁もずっと便秘に悩まされてきたタイプですが、
毎日食べるようにしてからお通じが良くなって、
それ以来、出ない日はほとんど無くなったとか。
 
しかも加熱されていない分少々硬くて、
しっかり噛んで食べる必要があることから、
満腹中枢が刺激されてお腹がいっぱいになり、
腹持ちも良いので、ダイエットにも最適なものだと思います。
 
 

グラノーラが健康に良くないと言われる理由

 
では、似てるようで実は違う「グラノーラ」ですが、
何がいけないと言われているのでしょうか?
 

老化を促進させるAGES(最終糖化産物)の危険性
この『老化物質AGES』という物質は、分解されにくく、
肌や髪、骨など全身の老化を進行させ、
さらに体調不良や様々な病気(糖尿病、高血圧、がん等々)
を引き起こすと言われています。
その原因とも言えるのが、『糖化反応』と言われるもの。
糖化とは、タンパク質と余分な糖が結びついてタンパク質が劣化し、
AGES(最終糖化産物)という名の老化物質を生成する反応のことを言います。
これは、ホットケーキを焼くイメージをして頂くと分かりやすくて、
「小麦(糖質)&卵(タンパク質)&砂糖(糖質)」を混ぜて、
焼くと焦げて茶色に変化しますよね。
この状態が糖化してる状態なのです。
肌や骨などにこのような糖化反応が起きてしまうと、
皮膚のたるみやシワなどの老化を促進。
骨で言えば、骨粗しょう症などの骨の芯から老化させ、
脆くさせてしまう作用があるのです。
市販のフルーツグラノーラなどには多くの砂糖が含まれていて、
更に加熱処理をされていることから、
ミューズリーよりも危険物質が多く含まれていると言えます。

 
 

②酸化した油『トランス脂肪酸』の危険性
海外の多くの国では、トランス脂肪酸の使用を禁止しているのに、
日本は野放し状態。
なぜ海外が使用禁止にするかと言うと、
多くの有害性が疑問視されているからです。
主に使用されている食品
・マーガリン
・ファットスプレッド
・ショートニング
・クリームなど。
トランス脂肪酸と関係性が認められている病気
・心筋梗塞
・狭心症
・肥満
・アレルギー疾患
・流産
↓↓参考記事↓↓
[要確認] そのケーキ、本物の生クリームを使用していますか?

 
 

③砂糖や人工甘味料の大量使用
市販されているほとんどのグラノーラにはたくさんの砂糖が使われています。
実際に成分表を見てみれば、砂糖だけならまだしも、
人工甘味料の使用やたくさんの添加物が配合されていることが一目瞭然。
砂糖不使用と記してあっても、デキストリンや乳糖、ブドウ糖が含まれています。
砂糖もデキストリンも乳糖も、消化されてブドウ糖を生成するもの。
どれほどの量を使用してあるかは分かりませんが、
ミューズリーの自然の甘さと比べてみればその甘さがより分かるでしょう。
↓↓参考記事↓↓
砂糖をやめるだけで身体は大きく変化する 〜実は危険な物シリーズ5〜

 
このようにミューズリーの場合だと、
火や余計な砂糖などを加えていないことから、
老化の原因となる「AGEs」という成分の生成を抑えることができ、
さらには余計な糖質も少ない為、
健康を考えるならミューズリー一択になると思います。
 
 

人気のオススメの食べ方とは?

 
海外の現地では、酵素が豊富なフルーツと一緒に食べています。
 
あとは「ヨーグルト」や「豆乳」、
「アーモンドミルク」や「ライスミルク」など混ぜて食べる方が多いです。
 

 
こうすることによって、それぞれの食材がもつ魅力を最大限に高め、
栄養の吸収を促してくれます。
 
ドライフルーツ入りのものもあるので、
僕はいつもナッツやフルーツ入りを買っています。
 

↓↓オススメのミューズリーはコチラ↓↓

アララ デラックスミューズリー 800g


デルバ ファイブフルーツミューズリー 1㎏


エルサンクジャポン 有機シリアルハイファイバー プレミアム 480g

*味はどれも変わりませんが、食感やフルーツの多さなど多少違います。

 
ミューズリーは未調理であることから正直食感が良くはないので、
その微妙に足りない風味や食感をプラスするのに、
ナッツやドライフルーツがまた美味しさを引き出してくれます。
 
 

☆個人的にオススメする食べ方☆
・ミューズリー
・フルーツorジャム(砂糖不使用)
・プレーンヨーグルト
・豆乳
*これらをお好みで混ぜて食べるだけ。

 
砂糖を使わない分、
お好みでフルーツやジャムで甘さを調節していただければ、
食感や味が苦手な方でも食べやすくなると思います。
 
あとは僕は牛乳が基本的にあまりお腹に合わないので、
(なぜかヨーグルトなら平気です)
豆乳を使っていますが、
牛乳しかダメな方は、牛乳でも良いでしょう。
 
ただし、牛乳の危険性もあることは知っておいてください。
 

*参考記事
そのお腹の不調は、牛乳が原因かも!? 〜実は危険な物シリーズ1〜

 
 
 

まとめ

 

 
今回は、ミューズリーについて解説させて頂きましたが、
いかかがったでしょうか。
 
日本人にとってはあまり馴染みのないミューズリーですが、
外国人にとっては結構普通の健康食です。
 
日本人よりも健康意識の高い人が数多くいる海外なので、
彼らのこだわりのすごさには感心させられるほど。
 
そんな彼らが好んで食べるものなので、
ミューズリーが持つ魅力や効能はお墨付き。
 
実際に僕自身も食べてからは、お腹の調子も、
肌や色々な面でのメリットを感じているので、
気になる方はぜひ試してみると良いですよ。
 
もしかしたら単純に味が嫌いという人もいるので、
それは一回食べて見ないと分かんないですよね。
 
売ってるミューズリーは海外産のものが多いので、
少し量が多めになっていますが、
なかには小さめの始めやすいものもあります。
 
慣れないうちは小さいのから始めて、
美味しく食べれるようでしたら通常サイズを試してみると良いと思います。
 
個人的には女性にはぜひ試して欲しい食品の紹介記事でした。
 
参考にされて見てくださいね。
 
読んで頂きありがとうございました。
 

↓↓オススメのミューズリーはコチラ↓↓

アララ デラックスミューズリー 800g


デルバ ファイブフルーツミューズリー 1㎏


エルサンクジャポン 有機シリアルハイファイバー プレミアム 480g

*味はどれも変わりませんが、食感やフルーツの多さなど多少違います。
最新情報をチェックしよう!
>【Youtube Channel】

【Youtube Channel】

30代夫婦の日常や健康的な暮らし、愛犬の「コテツ(チワワ)」、そしてプチ農家として奮闘する日々を動画で発信しています。"忙しい毎日に少しの和みと癒し"をテーマに、Youtubeを通して私達らしさをお届けできたらと思っています。

CTR IMG