【コーヒー好きの方へ】DeLonghi(デロンギ)マグニフィカSを徹底レビュー

コーヒー好きである僕が、ついに買ってしまいました。。


 

決して安いものではないけど正直に言います。「ガチの良品!!」

普段からインスタントコーヒーを飲んでいる方や、カフェでコーヒーを買うことが日常化している方は、断然お得なので絶対に買った方がいいです。

 

今回は、「デロンギのマグニフィカS」を使ってみた感想や、リアルな口コミを詳しく解説していきたいと思います。

 

DeLonghi(デロンギ)マグニフィカSの概要

サイズ幅238×奥行430×高さ350(mm)
本体重量9kg
消費電力1450W
概要・全自動エスプレッソマシン
・スチーム機能搭載(カフェラテ等)
・コーヒーの濃さや量を簡単調節
・豆を投入するだけで自動で挽いてくれる
・お掃除も簡単ラクラク

 

オースティン君

マグニフィカSの最大の特徴は、コーヒー豆を入れるだけで自動で挽いてくれて、好みの味に自由に調節できる事なんだ。

使い始めの時は仕組みがよく分からなかったけど、自分好みの設定にしたら、後は水を貯めてボタン一つでいつでも飲む事ができるから超便利!

特にスターバックス等のカフェに行く機会が多い方は、無駄な出費を減らせるから節約にもなるよ♪

 

マグニフィカSを購入した理由

デロンギの全自動コーヒーマシンは計9種類もある為、自分に合った物を見つけるだけでも結構大変です。

ただ、機能性と値段を含めて最もコスパが良かったのが「マグニフィカS」であり、特に下記の条件に当てはまっていたのが最終的に選んだ理由になります。

  • 機能・価格のバランスが良い
  • ドリップ式のカフェ・ジャポーネを搭載
  • カフェラテ用のスチーム機能付き
  • 掃除不要でお手入れ簡単
  • 白色のデザインが良かった

 

機能・価格のコストパフォーマンスが良い

デロンギには全自動の他に手動式、ドリップコーヒーメーカーなど、ユーザーの使い方に合わせて自由に選べるようになっていますが、機能と価格のコスパで選ぶならマグニフィカSしか選択肢がありません。

また全自動の中でも「エントリーモデル」「スタンダードモデル」「フルスペックモデル」があるのですが、ほとんどの製品が軽く10万円を超えてるし、安いモデルは機能が充実してなかったので対象に入らないと思います。

つまりデロンギの製品の中でどれにするか迷ったなら、とりあえず「マグニフィカS」を選んでおけば間違いないということです。

 

ドリップ式のカフェ・ジャポーネを搭載

デロンギのコーヒーマシンには主に3つの抽出法があります。

  • 【カフェ・ジャポーネ】
    →香り高くすっきりとした味わい
  • 【Doppio+】
    →香り高く濃密な味わい
  • 【スペシャリティ】
    →すっきりした繊細な味わい

マグニフィカSには「カフェ・ジャポーネ」が搭載されていて、”ハンドドリップのように蒸らしながら間欠抽出を行う”というキーワードに惹かれて購入しました。

元々、喫茶店で飲めるようなハンドドリップのコーヒーが好きだったので、この機能が必須条件だったのも理由の一つです。

 

カフェラテ用のスチーム機能付き

普段はブラックコーヒーを飲む事が多いのですが、たまにカフェに行くと「ラテ」や「カプチーノ」を飲む時もある為、ミルクの泡立てに使うフローサー付きであることも条件の一つでした。

また上位モデルになると、更に泡の温度や甘さを調節できる「ラテクレマシステム」を搭載したタイプもあるのですが、日常的にラテメニューを利用したい人以外は特に必要ありません。

 

掃除不要でお手入れ簡単

マグニフィカSの普段のお手入れは、使用後に水を捨てる事と、抽出後の豆カスを捨てる程度で、日常的に行うことはほとんどありません。

更に豆カスがバラバラにならずに、丸まった固形物でトレイに貯まるようになっている為、毎回トレイを洗う手間もかからないのが◎。

 

マグニフィカSを愛用して分かったメリット

 

オースティン君

ではマグニフィカSを実際に使ってみた感想や、良かったところを解説していきましょう!

 

美味しいコーヒーをいつでも飲める

やはり一番のメリットは、自宅でいつでも美味しいコーヒーが飲めることです。

年々インスタントコーヒーのクオリティが進化しているとは言え、カフェや喫茶店などの味を超えることはできません。

もちろんマグニフィカSは機械なので、バリスタが作った味には敵いませんが、十分満足できる風味と芳醇な香りを堪能することができます。

 

カフェに行く頻度が減った=節約

自宅でお店並みのコーヒーがいつでも飲める為、カフェに行く頻度が圧倒的に減ります。

もちろんカフェの空間が好きとか、お気に入りの料理を食べたい時は行きますが、ただ単にコーヒーを飲む為にカフェに行くというのはほとんど無くなりました。

その結果、毎月のコーヒー代がいかに勿体なかったかを実感し、外出時に水筒に入れて持ち出すことも。その結果、毎月の節約にも役立っています。

 

コーヒーに関して興味を持つようになった

マグニフィカSを利用するようになって、コーヒー豆の違いや、味・香りの違い、挽き方の違いなど、常に勉強するようになりました。

例えばカフェで出されたコーヒーには何の豆が使われていて、作ってくれた方がどんなこだわりを持っているのかなど、実際に店員さんに聞くこともあります。

また今ならネットで検索すれば色々なコーヒー豆が売られている為、好みのお店を見つけるのも買い物の楽しみの一つです。

 

在宅ワーク(リモートワーク)に最適

最近は在宅ワーク(リモートワーク)が盛んに行われていて、通勤の手間がかからないので大変便利になりましたが、自宅にずっといるとストレスが溜まりがちですよね。

そんな時に自宅で美味しいコーヒーが飲めるのは、気持ちのリフレッシュや、集中力を高めるのに役立つのでおすすめ。

特にお昼ご飯を食べた後、眠くなってきた時に一杯飲むことで、やる気のスイッチが一気に入りますよ。

 

マグニフィカSを使って分かったデメリット

 

オースティン君
次に、マグニフィカSを実際に使ってみて分かったデメリットについて解説していきましょう。

 

豆を挽く&抽出時の音がうるさい

全自動で豆から挽くので仕方がないことですが、正直音の大きさは気になります。

使っているうちに慣れると思いますが、初めて作った時は「ウィー!ガリガリガリ!!」とした音にびっくりしました。

なので賃貸などの集合住宅で隣との壁が薄い部屋だと、周りに迷惑をかけてしまうかもしれません。

 

サイズが大きくて重い

写真で見る限りだとそこまで大きさが分からないですが、実際に開封して設置してみると結構場所を取ります。

また重量が9kgもある為、棚の耐久性や奥行きなども含めて設置場所を考えておかなければなりません。

 

トラブル時の対処法が分かりにくい

普段利用する分にはそこまで手間はかかりませんが、定期的に「石灰除去」をする必要があり、初めてランプが点滅した時はどうしていいか分からず、慌てて取扱説明書を探した記憶があります。

トラブル時のランプの表示を含めて、国産の製品と違って分かりにくい部分が多々ある為、扱いに慣れるまでは取扱説明書を側に置いておきましょう。

 

購入後の開封&コーヒーが出来るまでの流れ

開封直後はこんな感じです。

ちなみに僕はAmazonで購入しました。なぜAmazonで買ったのかに関しては、下記に詳しくまとめてあります。

 

保証書もしっかり付いています。では早速コーヒーに電源を入れて、実際に作ってみましょう。

*マシン到着後はいきなりコーヒーを飲める訳ではなく、空気抜き→水硬度の設定→抽出温度の設定。豆の挽き具合などの微調整が必要なので、開封後は必ず同封の取扱説明書を確認するようにしてください

 


マシンの上に蓋があり、簡単に開けることができるので、コーヒー豆を投入。

 

マシンの右側は水を入れるタンクが引き出せるようになっているので、手前に引き出して水を入れます。ちなみにうちでは水道直結型のウォーターサーバーの水を使用しています。

関連記事

皆さんは水道直結型ウォーターサーバーで有名な【ウォータースタンド】をご存知でしょうか? 水道水を濾過して利用する為、「残量気にせず飲み放題」「ボトルの交換・保管・処分が一切無し」なのが最大の特徴であり […]

 

電源ボタンを押すと、先ほど貯めた水がノズルを洗浄しながら出てきます。この時点で全自動の素晴らしさを実感できますよね。

 

ここまで終わらせたら、後はボタンを押すだけ。うちでは右下のボタン「カフェ・ジャポーネ」がお気に入りです。

ボタンを押したタイミングで豆を挽き始める音が部屋中に響き渡るので要注意!

 

「ウィーン」という音と共に豆を挽き始め、いい香りを漂わせながら抽出されて出てきます。

 

完成です!見た目からしてお店で出てくるコーヒーみたいですよね。

 

ちなみにカップを置いていた台を手前に引き出すと、トレイ内にコーヒーカスが溜まっています。本来ならもっと固形になって綺麗な丸になっていますが、この写真の時は水に濡れて形が崩れてしまいました。

 

個人的に感動したのが、使用した後にも自動で使用済みのノズルを水で洗浄してくれたことです。この機能があることによって、掃除の手間が大幅に減らせるんですね。

 

オースティン君

コーヒーを飲んだ後にやることは、使用した水を捨てること、豆カスを捨てる、たまに豆を補充、たったこれだけなんですね。

後は年に一度石灰除去のメンテナンスを行いますが、他機種と比べて面倒なことが少ないのが特徴であり、個人的に気に入っている理由です♪

 

ミルクを使用する場合(フローサー)

カフェラテやカプチーノを飲みたい方は、フローサー上部にあるレバーを回すだけで簡単に作ることができます。(*上位モデルのラテクレマの方が作りやすい)

個人的にはたまにしか使用しませんが、ラテアートを自分で作ってみたい方や、カフェで働きたい方の勉強にもきっと役立ちますよ♪

 

お得に買うならAmazonがおすすめ

 

僕が購入した当時(2018年)公式サイトでは、108,000円で販売されていました。ただ正直、コーヒーマシンに10万円出すのは高いと感じていたんですね。

でもAmazonで値段を調べたところ、なんと「64,194円」で販売されていたんです。

 

最初は見間違いなのか偽物なのかと疑っていたのですが、実はデロンギのエスプレッソマシンは価格変動が激しく、当時はたまたま低価格で購入することができました。

実際に注文して2日後には郵送されて、現在(2021年)に至るまで故障したことは一度もありません。

 

なので、もしマグニフィカSを購入する予定がある方は、ぜひAmazonや楽天など、色々なECサイトで検索することをおすすめします。

そのうえで公式サイトで購入すべきか検討するようにしましょう。

 


 

まとめ

 

今回はデロンギのマグニフィカSに関して、実際に使ってみた感想や、メリット・デメリットについて解説させて頂きました。

結論として、「コーヒー好きなら間違いなく買うべき商品」です!

 

もちろん、もっとお金を出せる人なら更にグレードの良い物を選ぶことで満足度は上がるでしょう。

しかし最低限の機能が付いてて、極力コストを抑えたい方には最もおすすめのモデルです。

 

そして最後に、音のうるささだけは解決しようがないので、特に賃貸で利用する際には時間帯などに気をつけて使うようにしてくださいね!

では今回は以上です。読んで頂きありがとうございました。

 

関連記事

コーヒーは単純に美味しいだけでなく、健康や美容にも効果的な成分を含んでいる為、日常的に飲んでいる方も多いのではないでしょうか。   ただし飲み過ぎやタイミングを間違えてしまうと、逆に害を及ぼ […]

関連記事

皆さんはAmazonでコーヒーを検索されたことはありますか? インスタントコーヒー コーヒー豆 コーヒーマシン   ほとんどの材料・道具を揃えることができ、市販のお店では手に入らないようなレ […]

最新情報をチェックしよう!
>【Youtube Channel】

【Youtube Channel】

30代夫婦の日常や健康的な暮らし、愛犬の「コテツ(チワワ)」、そしてプチ農家として奮闘する日々を動画で発信しています。"忙しい毎日に少しの和みと癒し"をテーマに、Youtubeを通して私達らしさをお届けできたらと思っています。

CTR IMG