肌荒れの原因は洗濯洗剤かも?|合成界面活性剤の危険性&ナチュラル商品のススメ

誰もが特に意識せず使用している洗濯洗剤ですが、実はたくさんの危険性があることはご存知ですか?

実際にたくさんの方が謎の肌荒れや、乾燥、痒みなどで悩んでおり、もしかしたら使われている成分に原因があるかもしれません。

 

そこで今回は洗濯洗剤の正しい選び方や、無添加のナチュラル商品を勧める理由を解説したいと思います。

 

【結論】合成界面活性剤使用の洗濯洗剤は使わない方がいい

まず結論から言わせて頂くと、合成界面活性剤を使用している洗濯洗剤はなるべく使わないようにしてください。

その理由として肌への負担が大きいこと。そしてアレルギーや発ガン性などにも密接に関わっているからです。

 

また市販で売られている様々な洗剤(食器洗剤・シャンプー等)、化粧品などにも使われている為、私達は日常的に界面活性剤による影響を受けています。

更には、肌に付着すると浸透作用の働きにより、体内に侵入(経皮毒)する可能性があるとも言われています。

 

もちろん全ての商品にリスクがあるのではなく、天然成分の界面活性剤もある為、普段使っている商品にどんな成分が配合されているのかを確認する必要があります。

特に謎の肌荒れ・痒み・アレルギーで悩んでいる方は、ぜひ一度洗濯洗剤をナチュラル商品に変えてみてください。

 

もしかしたら完全には治らなくても、症状が多少落ち着いたり、だいぶ楽になる可能性があります。

では洗濯洗剤の一体何が問題で、どんな成分に気をつければいいのでしょうか?下記で詳しく解説していきましょう。

 

洗濯洗剤の危険な成分

 

オースティン君

洗濯洗剤に使用されている成分の中でも、特に下記の3つに注意したうえで選ぶようにしよう!

 

合成界面活性剤

よく市販の洗剤のCMで、「徹底的に洗浄!」「強力な消臭力!」などの表現が使われていますが、その商品のほとんどには「合成界面活性剤」が使用されています。

 

確かに汚れを落とすこと、臭いを消すことには優れている為、利用者にとっても効果を実感しやすいのかもしれません。

しかし浸透率が良過ぎるがゆえに成分が衣類に残留しやすく、その結果「化学物質過敏症・肌荒れ・アレルギーなどの原因」になると言われています。

 

なので購入する前に、下記の成分が含まれていないかを確認するようにしましょう。

  • ラウリル硫酸ナトリウム
  • 直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム
  • ポリオキシエチレンアルキルエーテル
  • α-スルホ脂肪酸エステルナトリウム
  • アルキルエーテル硫酸エステルナトリウム

 

また洗濯洗剤だけでなく柔軟剤にも合成界面活性剤が使用されており、私達の肌は常に「経皮毒」による影響を受けていると理解することが大切です。

~経皮毒とは~

「 経皮毒」とは、皮膚から吸収される「毒」のことです。

実は皮膚からは毎日あらゆるものが吸収されており、皮膚を通して成分が体内に浸透することを「 経皮吸収」といいます。

この「 経皮吸収」を利用して、治療を目的とした多くの医薬品が開発されています。咳止めやホルモン剤、痛み止めにはシールのように体に貼るお薬がすでに使われています。

このように健康に役立つことで利用されるのは良いのですが、身体に悪い成分も皮膚から体内に浸透することがあるのです。

経皮毒の問題は、肝臓の代謝を受けにくいために、体内に取り込まれると90%が蓄積してしまうことにあるのです。

引用元:漢方薬局 桃仁堂

 

蛍光増白剤

蛍光増白剤とは、紫外線を吸収することで青白い光を放つ染料であり、衣類の白さを際立たせる働きがあります。

しかし合成界面活性剤と同じく化学物質の一種である為、特に乳幼児や小さいお子さんが着る服への使用は避けた方がいいと言われています。

もちろん健康な人であれば問題はないですが、肌が弱い方や、湿疹や痒みなどの症状がある方は止めておいた方がいいでしょう。

 

香料

一般的な洗濯洗剤には合成香料が使われており、臭いを消す為や、純粋に香りを楽しむ為に配合されています。

ただ香料による有害性が未知数とは言えいえ、「アレルギー・喘息・発がん性・環境ホルモン」に関わる成分が一部の商品に含まれていることが分かっています。

また最近は「化学物質過敏症」の方が増加している為、周りに迷惑をかけるような、強い臭いを放つ洗剤や柔軟剤などの使用は控えるようにしましょう。

 

合成化学物質まみれの洗濯洗剤による人体への影響

合成化学物質まみれの洗濯洗剤を使い続けた場合、どのような症状が見られるのでしょうか。

  • めまい
  • 頭痛
  • 息苦しい
  • 吐き気
  • 湿疹
  • くしゃみ

 

もし上記の症状が慢性的な方、または定期的に症状が出る方は、洗濯洗剤に含まれる成分による影響を受けているかもしれません。

特に下記の症状がある方は、化学物質過敏症の可能性がある為、肌に触れる物や香りがする物には気をつけるようにしましょう。

  • 鼻炎
  • 耳鳴り
  • 喘息
  • 下痢
  • 不眠
  • 記憶障害
  • 冷え性
  • 生理不順

 

上記の症状を見て頂くと分かりますが、どれも「化学物質に反応してる」と判断しにくい症状ばっかりですよね。

つまり化学物質過敏症であるかどうか、ほとんどの方は気づくことができません。

 

しかもある日突然発症する為、誰にでも可能性があることから、やはり「化学物質の入ったものを使わない」「触れない」ように徹底した方がいいでしょう。

更に怖いことに、小さなお子様は洋服をしゃぶる癖がある為、この行為によって洋服に染み付いた化学物質が口から体内に侵入する危険性があるとまで言われています。

 

肌に優しい洗濯洗剤の選び方

 

オースティン君

洗濯洗剤が体に及ぼす影響や、危険性に関してご理解頂けたと思いますが、「じゃあ何を使ったらいいの?」と言う方へ。

肌に優しい商品の正しい選び方を解説していきましょう。

 

まず第一に、「合成界面活性剤が含まれていない=天然成分を原料とした商品」を購入してください。

実は洗濯洗剤には合成洗剤を使用している物の他に、石鹸などの天然成分を原料とした商品も売られており、体への負担を考えるなら後者がおすすめです。

 

例えば石鹸は、自然に存在する成分(天然油脂・脂肪酸)から作られており、古代から汚れを落とす目的で使用され、人や環境にも優しいことが証明されています。

逆に合成洗剤は歴史が浅く、石油を原料に作られていて、洗濯機の流通量が増加するのと同時に、健康被害や環境問題が取り上げられるようになりました。

 

つまり、元々石鹸は体を洗う為に使われているのに対し、合成石鹸は衣類などの家庭用洗剤として普及したと言うこと。

これは「洗浄力の強さ=肌への負担や影響度」を表しており、健康のことを考えるなら石鹸を使った商品の方が適しているのです。

 

関連記事

あなたは身体を洗う時に石鹸、それともボディソープを使いますか? 実は似てるようで全く違う両者。「どっちでもいいや」と思ってる方には知ってほしいポイントがあります。   もちろんどちらにもメリ […]

 

もちろん最近は天然の界面活性剤を使っている物、洗浄力の弱い商品なども売られていますが、製造するうえでのルールが曖昧である為、どの程度の割合で配合されているのか消費者が知ることはできません。

なのでどの洗濯洗剤にするか迷ったら、石鹸を原料とした洗濯洗剤を購入するようにしましょう。

 

では簡単に石鹸と合成洗剤の違いを下記にまとめました。

 

石鹸の特徴

  • 弱アルカリ性
  • 肌への負担が少ない
  • 環境にも優しい

 

合成洗剤の特徴

  • 種類が豊富
  • 成分が衣類・肌に残りやすい=肌荒れの原因
  • 環境破壊の原因

 

セイラちゃん

石鹸と合成洗剤の見分け方は、内容成分に「石けん素地・カリ石ケン素地・純石けん分(脂肪酸ナトリウム、脂肪酸カリウム)」と書かれていれば石鹸。

逆に合成洗剤にはカタカナの成分がたくさん書かれており、表示を見ただけですぐに分かりますよ♪

 

洗濯用石鹸のデメリット

石鹸を使用した洗濯洗剤が肌に良いのは確かですが、成分の性質上、いくつかデメリットもあります。

  • 一回の使用量が多くなる
  • 石鹸カスが衣類に残りやすい
  • 石鹸カスが洗濯槽に溜まりやすい
  • 洗濯槽に黒カビが発生する可能性も

 

オースティン君

合成洗剤と洗濯用石鹸は、それぞれメリット・デメリットがある為、使う目的や頻度に合わせて使い分けるようにすることが大切。

例えばタオルは合成洗剤で洗い、衣類は洗濯用石鹸で洗うといった感じです。ご自身の体と相談しながら色々試してみてくださいね♪

 

おすすめのナチュラル洗濯洗剤

 

オースティン君

これを機に肌に優しい洗濯洗剤に変えてみようと思った方へ、僕が愛用している物を含めてオススメの商品を紹介したいと思います。

 

お肌のための洗濯用液体せっけん


石鹸を使った洗濯洗剤をお探しの方に、最もおすすめなのがミヨシ石鹸の商品です。

肌が弱い方や敏感肌の方に向けて開発されており、合成界面活性剤・蛍光増白剤・漂白剤・香料不使用。洗浄力が強すぎず、仕上がりがふんわりするので柔軟剤も必要ありません。

また価格が良心的で、コスパ重視の方にも◎。

 

ハッピーエレファント 液体洗たく用洗剤


ハッピーエレファントには界面活性剤が多少含まれますが、植物由来の洗浄成分を使用しており、石油系合成界面活性剤・合成香料・着色料を完全不使用。

肌に優しく、キツすぎない爽やかな香りが好印象で、小さいお子様や敏感肌の方も安心して使うことができます。

 

PiPPER STANDARD(ピッパースタンダード)


パイナップルの発酵プロセスから生まれた天然の界面活性剤を使用しており、石油由来の成分・アレルギーの原因になる物質を一切含んでおりません。

このような製品は洗浄力が弱いことが多いですが、一般的な洗剤と何ら遜色なく、しっかりと汚れを落としてくれます。

個人的にはレモングラスのナチュラルな香りがお気に入りのポイントです。

 

洗たくマグちゃん


合成界面活性剤どころか石鹸すらも含まない洗濯洗剤が存在します。それが「洗濯マグちゃん」です。

使い方はとてもシンプルで洗濯物と一緒に投入するだけ。後は純度99.95%のピュアマグネシウムが水素を含むアルカリイオン水へと変身し、しっかり汚れを落としながら消臭効果も抜群。

また天然成分だからこそ人・環境に優しく、一つで約300回程度使い回せる為、化学物質過敏症の方やコスパ重視の方におすすめです。

 

ナチュラル洗濯洗剤を使用後のトラブル解決法

 

オースティン君

石鹸やナチュラル洗剤を使った洗濯法のデメリットとして、ニオイが残ってしまったり、生地がゴワゴワになる場合があります。

そういった時にできる解決策や、対策法を下記にまとめました。

 

洗濯後に生乾きの臭いがする時

洗濯したのに生乾きの臭いがする時は下記の原因が考えられます。

  • 乾くのに時間がかかり過ぎた
  • 汚れがしっかり落ちていなかった
  • 洗濯物の詰め込み過ぎ
  • 洗濯用石鹸の使用量が少ない
  • 洗濯槽の汚れ

洗濯用の石鹸だと汚れ落ちが悪いことがあるので、規定の使用量を守ること、まとめ洗いには注意するようにしましょう。

 

石鹸カスが残ってしまう時

洗い方や水の温度によっては溶け残った石鹸カスのようなものが残ってることがあります。この場合は下記の原因が考えられます。

  • 洗濯物の量が多すぎる
  • 洗濯石鹸の量が多すぎる
  • 洗濯石鹸の量が少なすぎる
  • 水の温度が低い

特に真冬の水の温度が低い場合は温水を混ぜるなどをして調節しましょう。

 

洗濯後に生地がゴワゴワする時

今まで合成洗剤と柔軟剤を使っていた人が、石鹸を原料とした洗剤に切り替えた場合、生地のゴワゴワ感が気になるかもしれません。

そのような時は「クエン酸リンス」を使用することで、アルカリ性の石鹸を中和してくれる為、柔軟剤のような働きをしてくれます。

また洗濯物を干す時にも工夫が必要であり、脱水で固くなった繊維をほぐすイメージでしっかり振りましょう。すると乾いても固くならず、柔らかく仕上げることができます。

 

まとめ

 

今回は洗濯洗剤に潜む危険性、そしておすすめのナチュラル洗剤について解説させて頂きました。

実際、体や頭を洗う石鹸・シャンプーには気をつけていても、衣類に使う洗剤に関しては無頓着な方が多いですよね。

 

「直接触れてないから大丈夫だろう」と思ってしまうのは完全に間違いで、洋服の繊維に入り込んだ化学物質は、肌に影響を与えることが様々な研究で証明されています。

他にも最近は「香害」と言われる、臭いのキツイ合成香料が周りの人に与える影響なども言われるようになった為、洗剤の香りにも気をつけた方がいいでしょう。

 

年々、エコやナチュラル商品の需要が高まっている世の中だからこそ、ぜひこの機会に普段使っている洗濯洗剤を見直してくださいね。

では今回も読んで頂きありがとうございました。

 

関連記事

オースティン君 セイラちゃんは、いつもどんな制汗剤を使っているの?   セイラちゃん 市販の商品の中でも、なるべく効果のありそうな物を選んで使っています。。   オースティン君 ん […]

関連記事

皆さんは歯磨き粉を購入する際にどのような基準で選んでいますか? 多くの方は「CMで有名だから」とか「泡立ちや味が好き」といった理由で選んでいるかと思います。   しかし実は、普段何気なく使っ […]

最新情報をチェックしよう!
>【Youtube Channel】

【Youtube Channel】

30代夫婦の日常や健康的な暮らし、愛犬の「コテツ(チワワ)」、そしてプチ農家として奮闘する日々を動画で発信しています。"忙しい毎日に少しの和みと癒し"をテーマに、Youtubeを通して私達らしさをお届けできたらと思っています。

CTR IMG