皆さんはグラスフェッドビーフをご存知ですか?

一般的に市場に出回っているお肉のほとんどが、穀物を与えて人工的に育てた「グレインフェッドビーフ」で、脂身が多くなり、主に国産の和牛を生産するのに使われている飼育法です。

 

逆に自然放牧によって育てた「グラスフェッドビーフ」は、脂身が少なく赤身が全体を締め、しっかりとした歯ごたえと肉本来の旨みがあります。

そしてグレインフェッドビーフよりも高い栄養価を含んでいるので、ヘルシーで安全安心のお肉を食べたい健康志向の方にオススメ。

 

当ブログでは、それらの違いや危険性に関して詳しく解説しているので、よかったら【コチラの記事】も参考にされてみてください。

今回は、そのグラスフェッドビーフを購入する際によく選ばれるオススメの商品、そして正しい調理法を皆さんとシェアできればと思っています。

 

グラスフェッドビーフが買えるお店【SAITO FARM】

牧草で飼育された赤身牛肉

 

 会社概要

【会社名】
株式会社 日本機能性医学研究所

【設立】
2009年5月

【代表取締役】
斎藤 糧三

【所在地】
〒107-0062 東京都港区南青山6-6-21-9F

【HP】
https://saitofarm.jp/

 

グラスフェッドビーフに魅力を感じて、いざ購入しようと思っても、まずどこで買えば良いのか分からないですよね。

そもそも日本ではあまり一般的ではないし、取り扱っている企業もそんなに多くない。

 

そこで唯一グラスフェッドビーフに力を入れている専門業者と言ってもいいのが【SAITO FARM】です。

ニュージーランド政府公認の「Silver Fern Farms社が誇る「Reserve」」の牧草牛だけを厳選し、安心安全かつ美味しいと評判の会社です。

 

一般的にグラスフェッドビーフは臭みがあって、肉質も硬く、日本人にはあまり好まれないのですが、【SAITO FARM】さんのは臭みもなく柔らかくて、サラッと食べれちゃうのが最大の魅力。

そもそもこのブランドの名前の由来でもある、日本機能性医学研究所所長の斎藤糧三医師が様々な研究結果を経て、日本人の健康のために最適な肉としてセレクトしたのが、ニュージーランド産のお肉だったのです。

 

セイラちゃん

ニュージーランドという国柄もあって、厳しい審査基準にクリアしたグラスフェッドビーフしか日本には輸出できないんだよね。

徹底した自然放牧によってアレルギーの原因となるような成分を一切摂らせず、牧草や野草のミネラル分・ビタミンだけを摂取させることで、良質なタンパク質・亜鉛・オメガ3脂肪酸・リノール酸などを豊富に含んでいます。

更には、美容やアンチエイジングに必要な抗酸化作用も豊富なことから、特に健康&美容意識の高い女性から大変人気のお肉なんだよ♪

 


 

グラスフェッドビーフが買えるお店【ミートガイ】


 

 会社概要

【店舗名】
ミートガイ本店(TheMeatGuy)

【販売業者】
ティーエムジーインターナショナル株式会社

【代表者(運営統括責任者)】
中島 敏彦

【所在地】
〒457-0801 名古屋市南区丹後通4-8-1

【HP】
www.themeatguy.jp

【ミートガイ】は名古屋にある会社で、実店舗を持たず、インターネット通販のみの取り扱いになります。

 

1番の強みは、スーパーでは手に入らないような様々な種類のお肉を取り揃えていることで、しかもネットのみだからこそ量・質共にコスパが良い商品が多いです。

  • グラスフェッドビーフ
  • ラム肉
  • カンガルー肉
  • ワニ肉
  • ウサギの肉 etc…

 

また一商品当たりの量も多い為、バーベキューやパーティなどにも活用できてオススメ!

注文してから出荷まで当日、または翌日には発送してくれる点も利用者の方から好評を頂いています。

 

オースティン君

【ミートガイ】ならグラスフェッドビーフだけでなく、牛肉以外のヘルシーで貴重なお肉も購入できる点は嬉しいサービスだよね。

個人的にはジビエ料理も好きだから、たまに鹿肉を食べたい時によく利用しちゃうかな♪

 


 

グラスフェッドビーフの美味しい焼き方&味付け

僕たち日本人は霜降りの和牛に慣れていることから、脂肪分の多い肉の焼き方や調理法に関してはよく把握しています。

しかし赤身肉には赤身ならではの調理法があって、適した焼き方・味付けを行えば十分美味しく頂けます。

 

 美味しく食べるコツ
  • 3~5分以内で火を通して少し焦げ目が付くぐらいで火を止める
  • 焼き終わった後に2~3分ほど蓋をして放置して馴染ませる
  • 焼くとすぐ硬くなってしまうお肉はレアが基本で焼きすぎないこと
  • 強火でサッと焼き、蓋をして篭る熱でゆっくり火を通す

 

セイラちゃん

霜降り肉はサシが多く入っていることから、基本的に薄切りで食べることが好ましいと言われています。

逆に赤身肉に関してはサシが少ないことから、火を通しすぎると硬くなってしまうので、薄切りで食べる料理などには適していません。

なのでグラスフェッドビーフを食べるポイントとしては、厚切りのステーキが最も美味しく食べる方法なんですね。

 

グラスフェッドビーフの美味しさを最大限に活かす焼き方

 

  1. 冷蔵庫で解凍する
  2. 焼く30分前に室温で置く
  3. 焼く直前に塩コショウを振る
  4. フライパンに火をかけてオリーブオイルを垂らす
  5. ニンニクの欠けらを投入し香りづけ
  6. 強火で熱したフライパンに投入して一気に焦げ目を付ける
  7. 油が跳ねるので蓋をして約2~3分放置
  8. ひっくり返して裏側を1分ほど焼いたら火を止める
  9. アルミホイルで包んで4~5分ほど余熱で馴染ませる
  10. 完成

 

オースティン君

ステーキ肉ならどんなに安いお肉でも、絶品ステーキに変身しちゃう方法なので、グラスフェッドビーフなら更に美味しくなります♪

またお肉ならではの旨みや、素材の美味しさを味わうなら塩・胡椒で十分なんだけど、個人的にお気に入りの調味料を下記に貼っておいたよ!

どれも調味料としてのクオリティはかなり高いので、ステーキに振りかけたら旨すぎてご飯何倍でも食べれちゃうかも!?

 

ステーキ・焼肉にオススメの絶品調味料

 

 

 

まとめ

 

今回はグラスフェッドビーフが購入できるお店と、オススメの焼き方について解説しました。

高たんぱく質な上に豊富な栄養源を摂取できる、そして何よりも美味しいので、ぜひ一度食べてみることをオススメします。

 

また別記事でもグラスフェッドビーフの魅力や、外国産牛肉の問題点などを解説しているので、興味がある方は下記のリンクから読んで頂けたら嬉しいです。

では今回は以上になります。読んで頂きありがとうございました。

 

関連記事

皆さんは牛肉を購入する際に国産・外国産のどちらを選びますか? 人によって味や食感、値段で選ばれると思いますが、実は健康面で考えた際に外国産の牛肉は極力買わない方がいいです。   じゃあ国産の […]

関連記事

このブログを通して牛肉の危険性や選び方について解説してきましたが、ありがたいことにたくさんの方に読んで頂き、当ブログで最も読まれる記事の一つになりました。   僕自身、海外の肉工場で働いた経 […]

最新情報をチェックしよう!
>【Youtube Channel】

【Youtube Channel】

30代夫婦の日常や健康的な暮らし、愛犬の「コテツ(チワワ)」、そしてプチ農家として奮闘する日々を動画で発信しています。"忙しい毎日に少しの和みと癒し"をテーマに、Youtubeを通して私達らしさをお届けできたらと思っています。

CTR IMG